適度に印象的なのが魅力のハーフ顔のこと

その身に異なる国の人の血が半分ずつ流れている人、つまり、父親と母親の人種が異なっている人のことを、ハーフと呼びますよね。
ハーフの人、特に、日本人と西洋人のハーフの人は、一般的に、魅力的な顔をしている場合が多くなっています。
特徴の異なる人種の血がブレンドされることで、2つの人種の良さを合わせ持った顔となるからでしょう。
そんなハーフの人の顔に憧れて、自分もハーフ顔になれたら、と思う日本人はたくさんいるようです。
純粋な日本人の顔は、あまり凹凸がないため顔の中に自然な陰影が生まれなかったり、顔の各パーツにシャープさがなかったりして、全体にのっぺりとした印象となってしまうので、はっきりとした印象のハーフ顔に憧れる気持ちが強いのでしょうね。
のっぺり顔を、はっきりした印象の顔にしたいのであれば、ハーフではなく、純粋な西洋人の顔を目指せばいいのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、純粋な西洋人顔を目指すのでは、顔の印象が強くなりすぎる、と感じる方も多いんですよ。
そういう方にとっては、印象が弱くなりがちな日本人顔と印象が強くなりがちな西洋人顔、それぞれの特徴が混ざり合って、適度に印象的な顔に仕上がっているハーフ顔の方が、純粋な西洋人顔よりも、魅力的に感じられるのでしょう。

http://www.kilakilaoriginal.com/