お客さんにニーズに合わせることが出来る生産設備を持っている

アイケープラストの事業の魅力を語る上では、顧客のニーズを実現できる生産設備の充実があります。
例えば、試作段階からそれを量産化するには、製品の製造過程での最新型の機械が関与します。
機械での作業では人の手を介さない自動化を実現しており、それによってコスト削減を図ったり、量産化への道に繋げることとなるのです。
特に成形の仕方にはアイケープラスト独自の方法もあります。
まず多層押出連動成形では、ペレット状の原料を溶かしていったんシートにして、それをヒーターによって熱を加え成形金型によって成形していく方法です。
また真空圧空成形では、原反シートを平行的に設置されているヒーター利用してシートの裏表を加熱して、その後に真空・圧空による金型成形を行なう方法となります。
そして熱盤圧空成形においては、熱盤というヒーターによって加熱された鉄板にシートを吸いつけた状態で圧空を掛けて、シートを金型に押し付け成形する方法です。
アイケープラストでは、主にこの2種類の成形法を活用して、顧客のニーズに適合した製品を製造し、量産化を実現しています。

http://www.kilakilaoriginal.com/